むぎめ

ケータイ料金

 スマートフォンを購入して
「ISフラット
5,460円/月/税込
定額料のみでスマートフォン単独利用時の通信がご利用いただけます。」
というパケット料金を契約して+プランSS(基本使用料)
で、7〜8000円ぐらい使っていたけど

スマフォのメール機能に付いていけなくて
ケータイに戻る・・ヘタレです


外でもパソコンを使う為に、データ通信の
イーモバイルの「ポケットワイファイ」を契機に・・
昨年ケータイ料金の見直しをしまして
ケータイ+スマフォと合わせて「ダブル定額制」に変更しました


その結果、12月分のケータイ代金が3000円を切る事ができました!
パケット定額制にして来初めての快挙



結局私は、ケータイとパソコンが主で、スマフォは小さすぎて
もてあましてしまう、中高年なんだわ
・・・いずれスマートフォンからタブへ変更もありうるかな?

ちなみに
ケータイはほぼ4年ぐらい、これぐらい使用すればもう手に馴染んで
通話とメール もう必携です

あまり使わないけど、ネットブックはエイサー
ワードとエクセルが使えてありがたいです


スマートフォンは、シリウスα
ケータイと一緒に持ち歩いています
暇つぶしにも、いざ、と言うときのも役立ちますし
ネットブックは当然だけど、シリウスもイーモバイルで繋ぐので
ケータイ代金は、低額に抑えられる、というわけです


ガチャガチャ、持ち歩くのが大変、と言う人も
結局差額分は、イーモバイルに持っていかれてるじゃないか、
とのご意見もあるけれど
「イーモバイル」の本来の目的が
パソコン・ゲームと繋ぐが主であれば
お得感結構あるとおもうんだけど・・・
  • 2012.01.21 Saturday
  • 00:30

むぎめっこ☆

花組公演「復活」「カノン」

 花組公演「復活」「カノン」
16日観劇しました
その余韻をを吹き飛ばす程の
友会チケット抽選発表

やっと落ち着きを取り戻してきた今日この頃
なんたって4月のことだものな
今から、何を着ていこうか、なんて考えても
季節変わってるし〜


花組公演
「復活」「カノン」2度目の観劇
良い作品だと、こころから思う
本を読んではいないけど・・
トルストイの表現したいことは
このお芝居でも理解できると思う

石田センセは、物語の本質をちゃんと
表せる人だな
(あのこだまっちと違って)

あの蘭寿公爵様の気持ち
カチューシャの心の揺れ
シェンボックや警察長官 友人など
周りの人達の気遣い
見ていて、切なくなるよ

だから見終わった後は心が重い
でも不快感はない
大きな物語の旅をしてきた疲労感があるけど
こういう作品こそ、多くの人に見て貰いたいと思う

宝塚大劇場
本当に文化の発信って、感じるよ
でも
・・・なんていうのかな
所々に石田センセのクオリティがあって
一瞬現実に戻らされる、
それがこの作品を100%素敵、って言えないの

本来これが演出家の個性なんでしょうけど
私が勝手に好き・嫌いで評価しちゃっているだけ
で、もともとあまり好きな演出家ではないけど
今回の「復活」は、作品を損なうこともなくって
トルストイの「復活」を詠み終えた、っていう気分にさせてくれる
なんか、真っ当なお芝居を見たという感じがする

この日は2階A席8列目、前の人の頭に邪魔されることもなく
視界は広く開けていたけれど・・
オペラを忘れた〜!!
ついでに現金も、寂しい状況
レンタルオペラ 借りれなかった。。。



2幕目の「カノン」
なんだかこのレビューは
情報量の多い作品で・・

2週間ぶり2度目の観劇だというのに
さっぱり内容についていけなかった

なんだかもったいないような
たっぷりとしたテーマとダンスが次々と繰り広げられて
全てのネタを一斉に披露した感がある
家に戻って思い返すも
印象の深い場面が順不同に思い返されるだけで
私的に理解できるには
あと1〜2回は観劇しないと無理みたい

そういえば、前に一緒に行った娘は
ショーはダメ ストーリーがないと・・
ただダンスだけでは、気力が持たないとか言い寄った
お正月のおせち料理のように
一つ一つのテーマのダンスシーンを
味わってくれれば、もっと楽しめるのだろうけど
すごい勢いで流れていくと
免疫の無い娘は付いていけないのかな

私? 私は 年のせいです



  • 2012.01.18 Wednesday
  • 23:54

むぎめ

ヨドバシ梅田店でのお買い物

 ドラマシティから徒歩15分の
ヨドバシカメラ梅田店

ここでパナソニックのDVDレコーダー
DMR−BZT810ーK)と
イーモバ ポケットWifiを買いました
(イーモバは次回にアップしますね)

今使用中のDVDレコーダーは僅か4年で
故障してしまい、機能がお粗末な故
修理は最初から考えていません

この4年間でDVDレコーダーも進化してるからね♪
今使用しているのは録画すると他番組が見れない、とか
250GBのHDDがないとか

なぜ、このようなDVDを買った?
て思われるかもしれないけど、
今はブルーレイで統一されているけど
当時はいろんなメディアが乱立していて
何を選べば良いのか分からなかったのよ

そんな中、店員に勧められるまま購入したのが
SONYのブルーレイレコーダーだったのよね
まあ、これで良かったのだけど・・
SONYタイマーのこと、忘れていました
5年間保証、していません


家で大体の製品の目星を付けていたので
ヨドバシ梅田店では、ほぼ即決

ただ3D機能はいらない、と言ったけど
今の製品はもれなく付いてくるそうで・・
こういった性能と機能の選択権は意外と消費者にはないんだな〜って
知らされましたです

日曜日に配達とセットアップをお願いしてきたので
それまでにお部屋の後片付けを済ませておかなくては・・
そして故障してもHDDへの録画は可能ですので
まだまだ働いて貰いますよ

そして今回は購入時保証期間は5年間お願いしました
本体価格に
テレビとDVDレコーダーのセットアップ代金
配線コード
5年保証の代金
ヨドバシポイントを合わせて使いながら
価格が安くなっているといいつつも
安い買い物ではないや〜と
SONYの早すぎる故障にぼやきつつ・・

しかし、スカイステージの
録画保存したい番組放送日までに、絶対購入
スタンバイOKの状態にしておかねば!



そしてもう一つのお買い物
イーモバ「pocket wifi」
これは、主人の為のお買い物

出先でパソコンを使うため、
ドコモデータ通信を利用していたのですが
2年契約終了時
経費削減のため解約を決めていたから
今は月額約6000円
現在私が使っている
イーモバポケットWifi GPO-2
これは、約4000円でもって高速通信らしい

で主人の経費削減を目的にすれば同じ製品かな〜って
思いつつ、イーモバショップへ
そして教えて貰ったのが
今回購入した
イーモバポケットWifiGPO-1
これは月2980円
データプランBでの2年間の契約

ただし料金が安くなっているのには、それなりの
理由があってのことだけど
主人の使用範囲は軽くカバーできてる
すっごくお得感満載で、契約購入してきました


この買い物をした翌日に届いた物は
な・・なんと!
ヨドバシからのエコポイント
「ヨドバシJCBギフトカード引換証」

あ・・ら〜本当に間が悪い
次回ヨドバシを利用するのはいつ!?

  • 2012.01.06 Friday
  • 23:58

むぎめっこ☆

雪組 「サムライ」

 雪組 「さむらい」を観劇!

チケットは、オケピ管理人様から直の手渡し
けっこう、ハラドキしました

待ち合わせの時間と場所を勘違いしていて
遅刻、したの。。。
しかも待ち合わせの場所「茨木市駅」
私は淡路の隣の場所ぐらいに考えていたら
それは「吹田」
ほとんど高槻よりなんだったのね

そんなこんなで、特急電車を乗り継いで
なんとか、開演時間に間に合わせました

管理人関係者の方、寒い中お待たせしました!


さて、21列の通路側、なんか良い感じで観劇できました
DCぐらいの劇場が好きだな〜


このお芝居でプロローグを見逃したくない
と思ったのは、谷演出ゆへ
きっと壮大なダンスシーンを用意してくれているから

ええ、素敵なダンス(?)でした
歌舞伎の赤と白の連獅子です

お正月気分たっぷりの!

映像では見た事があるんですが
生舞台出見たのは初めて

3人で連獅子を踊っていたけど
これの激しい踊りだな〜って感心しました


さて、お芝居は楽しめる内容であったけど
やはり、「皆殺しの谷」の異名は輝くばかり

最初1人・・2人と死んで行く人を数えていたけど
途中分からなくなってしまい、

だってお芝居に集中して
涙を拭いて
一生懸命見ていたんだもの

志を持ってフランス留学にきたけれど
先進国のフランスの内部は腐敗
三流国と言われる、プロイセンに負ける
そんな敗戦国にいて
前田正名が、どの様に学んだか・・

観劇後に、分かった
物語の最初のアイヌの娘や
前田光子の長いセリフが


本当にこの場面はいったい何を意味しているのか
分からず、いきなり坂本龍馬現れるし。。
そしてその龍馬さんも〜

このお芝居は、ベルバラの市民革命をも
思い出させてくれるけど、
その人々の立場から重いがくみ取れて
感動をもらいました


さて、これは12月25日に観劇して
今日再観劇予定日だったんですが
急遽用事がはいりまして
観劇を諦めました・・

(良かった〜この日限りだったら
見逃す所だったよ)

DVDデッキ故障からテレビまで交換する大事になってしまいました
今はスカステで録画したい番組が多くて
急がねば!!

とにかく劇場より、ヨドバシへレッツゴーです



  • 2012.01.04 Wednesday
  • 10:33

むぎめっこ☆

花組 復活

 初日を観劇して
帰宅途中、私が思ったのは
「この作品3度は通える」
ということだった

数字には別に意味はなくて・・
3度でも4度でも(時間とお金の許せれば)
複数回観劇できるな、って言う意味

あるいは3回みたら、この本を全編読み通したぐらい、
「復活」が理解できるかも、という意味にもとれるかな?

そんな初日観劇だけで感じたことなので
また考えが変わるかもしれないけど・・

以下「続きから
よかったら、どうぞ
実際、文豪トルストイの「復活」は600ページぐらい、あるみたい
(私は読んでいませんので)

1時間半のお芝居にも
当時の世情や、革命思想など織り込めてあって
そういう環境下にあって
ラントム(ネフリュードフ)公爵様のカチューシャや農民達への行動が、
私達に納得できるか、が
この作品の醍醐味だろうから

ラントム公爵の行動(爵位の返還、農奴達への土地の開放)
これら自体、私達世知辛い一般人には考えられないし
彼のお姉様の言うことに絶対賛成
こんな考えの観客をも
ラントム公爵は味方に付けて自分の行動は素晴らしい
カチューシャを愛することは人類を愛することと一緒だ〜!
なんて思わせてくれるから
本当にラントムは素晴らしい
けど・・
そんな人間味豊かなラントム公爵に
私達は感動するけど、またイライラもする

このようなラントム公爵に
友人である、壮シェンボックは、真の言葉を与える

「前も後ろも分からない農民達に、土地を与えるだけでなく
教育も与えるのだ」 と。。。

それは、このお芝居の全ての言葉より、
たった一言だけど、私にはすごく印象に残ったぐらい

カチューシャへの愛も、慈悲と全人類的な愛情で
そっくりくるもうとする、大きな公爵に
その言葉は果たして届いたのだろうか?

答えは、カチューシャによって示されたのだけど
返ってこの物語が辛い、切ないな〜って
気分的に落ち込んでしまった
そのような気分になっても
このお芝居は、また観劇したいと思わせてくれるし、

このお芝居は、宝塚の「復活」で
原作とはどこが違うのか、又は同じなのかわ分からないけど
この作品を見る限り
原作を読まなくてもいいや!
てな気分になってしまう

けっこうたっぷりな内容の原作を
すっごく端的に舞台化してくれた石田せんせ
本当に上手だな〜・・と感じた

春琴抄の佐助や愛と青春の旅立ちのシド等
こういったある意味男女のドロドロとした
葛藤を描くのは、この先生の十八番だな〜って
改めて思ったです
  • 2012.01.04 Wednesday
  • 09:32

-

2011年 観劇統括 

 宝塚から離れて
他の劇団、公演を振り返ってみる

今年は、初めて、
スタジオライフや、劇団・新幹線の公演を見た反面
劇団四季の観劇がなかった

劇団四季は入会もしているけど
今年は、見たいと思わせる作品に巡り会わなかった
作品数が少ないゆへに ロングランをしていて
見たい作品が関西に来なかった。。ため

ミュージカルや観劇を始めた次期が遅く
今だ「キャッツ」や「ライオンキング」を見ていないので
来年はどちらかの上演を期待したいな


1月
「ミュージカル・モーツァルト!」
モーツァルト役井上芳雄
男爵夫人役香寿たつき

ミュージカルな良い音楽があって、良い役者さんがいて
良い舞台になる、ってなもんですな

2月
「DREAM TRAIL 宝塚伝説」
これはな〜・・チョイスを間違えた、というか
演劇内容を知っていればいかなかったであろう
という、公演でした

3月
「11人いる!」
萩尾 望都作品の舞台化
30年近く前の原作だけど、今でも十分通じるからすごい
スタジオライフの舞台も楽しかった!


3月
「愛と青春の宝塚」
どうしても見たかったので
無理して仕事帰り、18時公演に駆けつけた
けど、一番良い、プロローグが、見られなかったのが
残苑、心残り

真琴つばさ主演で、彼女の生舞台を初めてみました


5月
「MITSUKO〜愛は国境を越えて〜」
意外と、面白くなかった
安蘭けい主演なのに、ね・・残念な作品
お値段も高かったのでリピートは、考えなかったです

5月
越路吹雪トリビュートコンサート
宝塚OGが総勢で出演、と言えばドリームトレイルもだけど
見ていて楽しかったのはこちら
耳に馴染む音楽が多かったのと
私にとって顔を見て分かる湖月わたるや
春野寿美礼、真琴つばささんなど出演でした


8月
「髑髏城の七人」
ファンの人にはたまらないだろうな〜
私は、劇画鑑賞の感じでうけとりました

10月
「ミュージカル・ロミオとジュリエット」
城田優と昆夏美さんでした、これの良い作品ですが
私には、宝塚版がいいな〜って感じたものです



手元にある手ケットの半券から
何月にどれだけ通ったかを数えてみました
暇だと笑わないで・・ね

1月  7回
2月  5回
3月  4回
4月  8回
5月  9回
6月  2回
7月 13回
8月  1回
9月  5回
10月 4回
11月 0回
12月 2回


え・・・と
7月に何が起きていたんだろうか
大劇場で花組「ファントム」
バウホールで 雪組「灼熱の彼方」
梅芸で「ハウツーサクシード」
後半に月組 「アルジェの男」
3組、三つ巴で公演していたんだ


そりゃ、休みは全て宝塚だったんだね
となると、生活にひずみが出てきて、
8月はおとなしく、家庭にいるってことですね
しかも8月の1回の観劇は、「劇団・新感線 髑髏城の七人」で
宝塚関係ないし〜
言うなれば、宝塚 0回ですか!

似た状況が4月5月、2ヶ月で15回だとすれば
休みは宝塚となり、反省も込めて次月は自粛というパターンですね


11月は体調不良でいけたくても行けない
多分チケットを購入していた星組オーシャンズ
この回数を含めると、60回になっていたかも、しれず・・

今年は自分的に驚きました!!
こういうことって、後で振り返らないと
当時は分かっていないのよ・・・




  









  • 2011.12.21 Wednesday
  • 09:38

むぎめっこ☆

2011年 宝塚統括

 今年も 1年間の観劇の統計を出してみた
びっくりしたのは11月に観劇が1度もなかったこと

12月にかろうじて2回
意地で行った星組公演

そして、宝塚歌劇の1年間
観劇回数が53回だった

1月から10月まで、チケット半券を数えてみたら・・
宝塚歌劇が51回
東宝、スタジオライフ他公演が 8回
スカーレットピンパーネル他映画6回


いや〜・・自分でもすごいよ
やはり、こんな生活をしていたから
動脈瘤ができた!?
(わけない!!)

一番回数多く通ったのは
星組 「ノバ・ボサ・ノバ」 中日入れて 10回
1つの演目で2桁になった公演は
これが初めて
何度見ても新鮮な気持ちで、
ワクワクしながら見ていたっけ・・
特に中日公演など、ここにいる、というだけで嬉しかった!


花組「ファントム」 7回
実は大劇場で見るのが、初めて
大沢ファントムは、残念が勝ったけど
蘭寿ファントムは、感動の嵐だったよ
比べてみて「ファントム」は、宝塚のためのストーリーだな〜って、実感
宝塚で上演してくれて嬉しいです
これも友人を誘って観劇しました
喜んでくれたです、もう一度一緒に観劇しようと思ったのに
実現できなくて残念だったです


雪組「ロミオとジュリエット」  6回
1月からこの回数
星組で見たけど、もっとみたい
DVD買ったけど、生の舞台がいいってことで
通いました
夢華と舞羽さんのダブルキャストで
話題騒然 しかし千秋楽に近くなると
やはり。。。実力の差がでてきたね
作品が良いだけに、こういったやり方に
不満がでてしまうのが辛かったですよ


今年の宝塚観劇の特徴は
公演の見逃しが多かった
やはりチケット難
座席数が少ないと、抽選に落ちちゃうし
予定が組めなくてエントリーさえできないことも・・

観劇ができなかった公演
「おかしな二人」「アリスの恋人」「ダンシングヒーロー」
「愛するには短すぎる」
「我が愛は山の彼方に」
「バレンティノ」
・・・合計6作品
スカイステージの放送を待ってるよ〜


バウ公演の
「メイちゃんの執事」「記者と皇帝」
「灼熱の彼方」「ランスロット」は、観劇できて嬉しかったです
特に星組は、贔屓さんがいてぜひとも見たかったので
ラッキーだったです
(尚更、おかしな二人もみたかった・・)


大好きな作品を集中的に観劇した分
大劇場でも1度しか、見てない事も
作品に寄って落差が大きいのも
今年の特徴かな

月組「アルジェの男」
宙組「クラシコイタリアーノ」が1回観劇のみ
すでに宙組公演から、体調が悪かったので
観劇が増えなかったのも理由

花組「愛のプレリュード」
星組「オーシャンズ11」が2回観劇
しかし、花と星の2回観劇は その背景は大いに違う
花組は 2回しか行かなかった
星組は 2回しか行けなかった


大劇場公演
月組「バラの国の王子」
宙組「美しき生涯」
雪組「仮面の男」が3回観劇

大劇場だけを絞って観劇なら、3回が適当なんですけどね〜
梅芸とかDCとか、他に公演が重なると
お財布の負担が重くなるのよね
特に宝塚外の公演は、軽く1万円超え
それを思うと、宝塚はまだ良心的だな〜って感じる



さて、今年のベスト1〜3までは観劇回数が証明している
1位 「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」
2位 「ファントム」
3位 「ロミオとジュリエット」


では4位以下
4位 「ランスロット」
5位 「バラの国の王子/ONE」
6位 「黒い瞳/ロックオン」

ランスロットは、本当に勢いがあって
楽しくてビジュアル満点
そういう意味ではメイちゃんの執事もなんだけどな〜
やはり、ドラマを重点的に考えると
メイちゃんはね〜・・

7位 「カナリア」
8位 「オーシャンズ11」
9位 「美しき生涯」
10位「小さな花が開いた」

11位 「メイちゃんの執事」
12位 「記者と皇帝」
13位 「クラシコイタリアーノ」
14位 「灼熱の彼方に「コモドゥス編」」
15位 「ハウツーサクシード」
16位 「愛のプレリュード」
17位 「ニジンスキー」

「クラシコイタリアーノ」と「愛のプレリュード」
どちらの作品が良かったのか
すごく悩みました
贔屓さんが、いるとかではなくて、
作品だけで判断してみたら、「愛のプレリュード」は退団公演として
作られた作品なので見ていてしんどかったです
「クラシコ」も本当に退団公演だったら、
愛プレ並にこってりした演出になっていただろうか



18位 「灼熱の彼方に「オデュッセウス編」」
19位 「アルジェの男」
20位 「仮面の男」



17位と、18位の差は大きいです
敢えてスペースを入れたぐらいに・・

仮面の男は、東宝を観劇していません
宝塚の公演分です
単純に見れば
「オーシャンズ11」より、「仮面の男」が面白いでしょう

しかし、面白いと思わせる、そのベールの下は
ご存じの通りで、脚本変更となっています
ある意味、すごい作品を見たかもしれません
駄作で、失敗作を けなげに雪組ジェンヌが、
一生懸命盛り上げようとした作品です

さて、各組の合計は
花組 11回
月組  5回
雪組 17回
星組 15回
宙組  5回

・・ありゃりゃ・・雪組が17回、トップですか
意外だったです
星組中日「愛短」も行けなかったので仕方ないね
来年は、関西圏で頑張って欲しいな〜
月と宙が5回、やはり作品に関係しますね


観劇も健康が一番、と身に浸みた一年でしたが
楽しく観劇ライフ、来年もよろしくお願いします

と、抽選のラッキー神様にお願いします
  • 2011.12.20 Tuesday
  • 00:08

むぎめっこ☆

オーシャンズ11

 入院と、星組公演が重なってしまった



もう・・私はこの頭痛からのがれられないんだ
もう・・星組公演は、諦めなくてはいけないんだ

と、妙に達観してしまい
手持ちのチケットを、病室から手放したりした

しかし、この頭痛も徐々に軽くなっていき
退院したときは、ほぼ生活に影響がなくなっていたら、
宝塚に行きたくなってくる


ということで、早速8日、木曜日のチケットを手に入れる


本日朝・・雨が降っている
それでも久しぶりに化粧しながら
駅までバスか〜と考えていると

職場から電話があった
よかった出かける前で〜っと
胸をなで下ろす

そんなこんなで午前中を過ごし
さて、出かけようとしたとき

チケット、どこに行った!?
慌てて探す〜

一瞬あの時の悪夢(チケット紛失・座席不明)が蘇るも
なんとか、見つかる
やっと出かけられると思った矢先
待っていた郵便物が届いたり・・・

多少予定の時間より遅れても
まだ十分間に合うとバス停へ

しかし雨のため、バスがなかなか来ない
電車を遅らすと、ヤバイ、完全に遅刻だ、とあせり
急遽タクシーで駅へ行く



電車に間に合ったけど

お弁当配布が45分まで!?
そう、このチケットにはもれなくお弁当が付いてくる
少しお得なチケットでした
でもこの分だとやはり・・間に合わないや

着いたらやはり、お弁当配布していなくて
しょぼん・・あきらめかな〜と思ったけれど
ダメ元で
案内係に聞いたら、預かってくれていました


さて、ロビー辺りは人が少なくて??
だったけど、チケットを出して劇場へ

受付のお姉さんが「あら?!」って言う雰囲気だったけど
営業スマイルで左手奥ですって、いつもの様に案内を受ける

ギリセーフな感じで着席

アナウンス
「ただいまより オーシャンズ11○幕を始めます」


え?! 何? さっき、2幕って言った?
間違い?
でも舞台進行してしばらくして
そろ〜〜とチケット半券を取り出して見たら

「オーシャンズ11  11時開演」


今は?  13時


1幕終わってんじゃん
うっそう〜・・・
木曜日は13時1回公演じゃなかったっけ!?

膝にのせたお弁当が
妙に場違いに思われ・・
自分のドジさ加減に泣きたくなりましたですよ
本当に


14時には終わって
どうしよう〜と考えて
15時公演を1幕だけでも見ようかな
それで全幕見た事にしようかな
なんて思ったけど、

倦怠感がズシっときちゃって
無理は禁物・・とばかり帰って来ました

あまりに早い帰宅に主人がびっくり
お弁当を主人にプレゼントして
食べて貰いながら、事のいきさつを話すと・・・


「だから俺が言ったじゃないか、
手術して貰うとき血管の1〜2本造設してもらえって
そうすりゃ、おまえの頭もしっかりするだろうに」

ですって。。。
そんなことできりゃ、とっくにしてもらってるよ!!


さて、初観劇の「オーシャンズ11」
2幕のみだったけど

ショーの部分を無くして
もう少し現金泥棒の状況を膨らましたら
十分話し 通じますけど

1幕って何やっていたんですか?

オーシャンズ11の美味しい内容は
ほとんど2幕集中のようで

だから敢えて1幕だけを見ようと思わなかったのも本音


しかし期待していたよりも
金庫室に潜入していく状況が、薄っぺらくて
見ていてハラハラする、そうクライマックス的要素が無いの


疑い深いテリーを、手玉にとり
裏をかきチームの思う様に事を運ぶにしての
場面場面が置き石のようで、
ぴょんぴょん飛んで行って理解しずらく
伏線となっている場面も私には分かりずらい

それにテスとクイーン・ダイアナとの確執も
その中に割り込んでくるから
めっちゃ、不親切な場面展開



1幕通じてこのイベント(売上金強奪)へのアプローチが描かれていたんじゃないの?
だけど1幕見ず、2幕のみ見た感想は
はっきり言ってこのお芝居1幕チョイ延長ぐらいの話しで十分
だと感じたオーシャンズ11

帰り道、こりゃ構成が悪すぎじゃないの?
なんて不満だけが残った気分(+自分のドジさ加減)


う〜〜ん















  • 2011.12.08 Thursday
  • 21:46

むぎめっこ☆

ロバート・キャパ 魂の記録

 カナメのバウ公演
今回で3度目・・4度目だわ
・ボニーとクライド(雪)
・忘れ雪(雪)
・リラ壁の囚人たち(星)
今回宙組だしね

ちょっと自分でも意外
(こんなに相性良くバウ公演で出会うなんて)

バウ公演は
トップとなるための準備も
これが最後になるのかな
  • 2011.12.08 Thursday
  • 21:23

むぎめっこ☆

さむらい 

 2012年 雪組公演
シアタードラマシティーで

脚本家が「皆殺しの谷」といわれているんだけど
どの様なお話になるんだろうか

年末年始を挟んでの公演なので、そうそう縁起悪いことは
ないだろうと思うけど・・・

「コードーヒーロー」のようなずっこけなお芝居で
無いことお期待する
  • 2011.12.08 Thursday
  • 20:22