TAKU

メールお返事 (ウォーリーさん)・・1

 こんにちは
メールありがとうございます
ただ当時の文章を送ることが
ためらってしまうので
補足として今の気持ちも一緒に書き足しておきます
併せて読んでいただければ、と思います



『初日観劇してきました

とうとう月の2番手が決まったようですね
背負ってる羽が主張していました
おめでとうございます
(と書いたのですが、やはり単純では無いようですね)

そしてまだこのお芝居を見ていない
特に月組ファンのかたは・・
読むことを遠慮して欲しい

私の主観ですが、
批判を含んでいます

今回1度きりのアップにします
その後はこの作品について触れないようにします




辛口の評価です

予告を聞いたとき あまり興味を待てなかった
しかし、何か心に残れば
再度観劇をする私
だから 今まで作品は何回か観劇をしてる

大体私はタカラヅカが好きなんだよね
なのに今回はなに?
大劇場を出たとき
次はないな・・そして
贔屓さんのいる
星組でなくて良かった・・という思い


「アルジェの男」
昔の作品の焼き直し
原作が 柴田侑宏
最近よく彼の作品が頻繁に上演されているけど
大体において・・古くさいなあ〜って思う

彼の作品を何作か、見て思ったこと
特にいけなかったのが「赤と黒」
安蘭けいに惚れた後、これを見て
彼女の魅力がでない、作品もあるんだと
がっくりした作品

それと同様な作品
これは、タカラヅカの作品ではない
赤と黒が同様であるのと同じ
(後で知りましたが 赤と黒をベースに書かれたとのこと)

安蘭けいでも霧矢大夢でも同じ
これは外部で、男性キャストを持ってきて演じるべきだ
 (大好きなジェンヌさんにこのような事をして欲しくない
という幼稚な考えのため)

まだ
演出家が、大野拓史で救われていると思う
効果的に舞台を演出していて
話しが滞らないよう
テンポ良く、ストーリーを進めて

そして野望を持って女性に近づき、
のし上がろうとする青年を描いていく

ストーリー的にタカラヅカでも、あり得る話しで
思い出すのが
青年「レオン」
荻田浩一の「マラケシュ 紅の墓標」
この作品ぐらいだと
私も共感を得ることができるのに

アルジェの男、ジュリアンクレールは 
最後サビーヌの元に戻るけど
それまで彼が行ってきた行動の数々
その結果自殺する女性も・・・
彼に反発するジャックなど
いろいろエピソードがあるけれど
ジュリアンの行動に裏打ちされた感情が
良く理解できない

ストーリー的にこのお芝居は、
タカラヅカでは、ありえないと思うのに

これ、3度目の再演ですのね

結局この作品が良いのか
私には分からなかったです
そして「マラケシュ」が見たくなりました



「ダンス・ロマネスク」

何がいけないか、
それはショーの「ノートルダム」
この短い時間のダンスでストーリーを表すのだけど
何故この時期に?
これを選ぶのか・・
先ほどまで「ファントム」を上演していたのに
まして・・終わり方が、半端なくさむい

見ていて、何となく予想ができて
見たくないと思って、オペラどころか眼鏡まで
外したっちゅーのに
見えてしまった
白い羽が生えた人がせり上がって来たところを・・・
安易なストーリーを、
えぐいまでに演出する神経が信じられない

そう・・まだベルバラのペガサスは良い
笑えるから
今回は・・嘘くさくて
似非ヒューマニズムを目の当たりにして
しんそこ、心が凍ったですよ


中村暁
「ミロワール」は好きな作品だっただけに
今回の作品は・・
少しも私の興味を引く内容でなかった
+嫌悪感がひどかった



今回の月組は私的には
とても残念な結果になりました
以上私の感想ゆえ、参考にされませんように』


と言うことです
先に書いたように感情的になってしまっているな〜と(笑)
後に月組の観劇レポートを読ませてもらうと
皆さん好意的でして
特にノートルダムは、演出が素敵と言われてました
(そうなんだ・・・では私って?)



お芝居は演じている月組のジェンヌさん達
とても素敵でアナベルやサビーヌ エリザベス等
役柄を捉えて好演していたと思うの
ですから・・女性の立場に立ってみたら
ジャックやジュリアンのやり方が気にいらなくて
ストーリーにプンスカ怒ってしまうんですよね

その対極にあるアンリが好感度高いのです

しかし、初見ではジュリアンを中心に見ているので
どうしてもこのお話が好きになれなくて

現状から抜けだそうと苦悩する青年は
お芝居のモチーフになりやすいと思いますが
荻田さんには、好意的で
柴田さんの描き方が
私には合わなかったのだと
考えてしまいました
本当に個人の好き・嫌いの次元の結果で
すみません(^^


もしよろしければ、このメールアドレスで
お気軽にご意見や感じたことを送ってくだされば
嬉しいです

これからもよろしくお願いします
  • 2011.09.16 Friday
  • 00:25

TAKU

メールお返事(ウォーリーさん)2

 こんばんは
メールを拝見しまして
しばらく時間が経ってしまいました

こんなに時間が過ぎる事が早い、とは
時間に着いていけず
そして何事もとろくて
迷惑を掛けてしまっています

ウォーリーさんが、
児童文学を取り扱っている、とのこと・・
私の日常から、世代の開きが大きくて
ちょっとクラクラしてしまいます
というのも私は介護施設に勤めていまして
70歳代から超高齢と言われるご老人達と
日々一緒しています

やはり地元ですので
若かりし頃宝塚ファンだったとか、
宝塚衣装部で勤めていたとかという
おばあさまがいらっしゃいましたよ(笑)

私は仕事でマニュアルを作成していますが
今では参考資料をパソコンのネットから
引き出すことができ、 
以前の様に書店でいろいろ書物を探す事が
なくなりましたですね

専門雑誌やその他介護保険からなど資料など
パソコンが全てではないにですが
近年、パソコンの依存はすごく大きいです


だから・・
最近の書物について
まったく趣味の領域に限られ
お恥ずかしい限りです



お話が変わって、月組公演ですが
ショーで、同じカ所で私と同じ感想を持っていただいて
自分の感覚が普通?って思えてちょっとホッとしてます

そして「ヒート・オン・ビート」
素敵な大人のショーでしたよね
この音楽にのって、高速道路を運転できて最高でした!

この退団公演もセッセと通いました
瀬名さん、水さんそして安蘭さんは
トップスターの実力をもって
宝塚の魅力を最大限に魅せてくれました

宝塚に私を引き入れた方々ですので
心の殿堂入りしているのです

この3人を越える新しいトップさんが
現れるでしょうか?
楽しみです

このように
いろんな楽しみを与えてくれる宝塚は
毎日マンネリの日常に彩りを与えてくれててます
(ブログアップの度に心が宝塚色に染まっていますからね)




19日は雪組大劇場公演観劇ですね
その日は私は名古屋中日、雪組公演に行ってきます
この夏は「ノバボサノバ」で始まりまって
終わる・・思うと寂しいですね



週間天気予報では お天気が良くないそうです
道中お気をつけて、楽しいお時間でありますように

  • 2011.09.16 Friday
  • 00:18

TAKU

ファントム 期待のコメント

 観劇して
チケットを追加購入

すっごくゴージャスでドラマチックで
感動物語

いままで「オペラ座の怪人」「大沢ファントム」をみたけれど
それらを凌駕する内容

私的にタカラヅカファントムが一番素敵
新しく楽曲と場面が追加されて内容が一段と
わかりやすくまとまったと思う

25日の千秋楽までに
できれば2〜3回は見たいな〜
  • 2011.07.05 Tuesday
  • 00:19

TAKU

コメント返信(シュミート)

 転勤して休みが取れなくなった。
何もできなくなった。
実家にも最近、帰省していない。

もう楽しみが何もなくなってしまった。

助けてください。

返信

  • 2011.07.05 Tuesday
  • 00:11

TAKU

真飛作品について 返信

 先日娘が帰宅したとき、お隣に女性が引っ越ししてきたらしい
ですが、全然物音、というか人が生活している風じゃない
と言うのです
でも洗濯物を干してあったりしてて、住人はいるらしいのですが

とてもおとなしい人のようで、良かったです

虞美人はもう、ごらんになりましたか?

この作品は、良くできた作品ですが
麦めっこににも書いたように、
エンターティメントの心髄が、どこか抜けているようで
でもこの作品を、続けて公演を見るのはしんどい
そんな重たさがある
つまり1回みたら、お腹いっぱい
でも感動物語なのに、感動ができない
不思議な作品です


真飛さん、とうとう退団されましたね
彼女の代表作は、なんでしょう・・

私はファンではなかったので、さっくりと見てきたのですが、
彼女は作品に恵まれなかった、という思いがしてなりません

熱く熱心で、誠実なんですが・・
組長ならそれもあり、なんでしょうが
トップでは違うなと思います

項羽役もタムドクもトマスキースも
皆一応に同じキャラクタですよね

だからか、トップとしての彼女の役柄は限られてしまって
このような状況になった、かも
なんて勝手なことを思っています
(何の根拠もありませんが)


木村信司演出+真飛 作品
滝川さんの感想はいかがでしたか
  • 2011.04.26 Tuesday
  • 23:57

TAKU

黒い瞳 期待のコメント

 2回は観劇したいと思っていた!

では、いつ?

全ツのため、初めての遠征!?とまで考えたけど
さすがにそれは。。
ヅカ友いれば勢い行っちゃったかも
しかし ぽっち一人観劇ゆへ、
結局ダブル観劇 ソワレでチケット購入
4月30日 観劇予定

明日が仕事だろうけども、頑張っちゃいます
  • 2011.04.14 Thursday
  • 18:18

TAKU

ノバ・ボサ・ノバ 期待コメ

 友人と一緒の観劇
それだけでテンション上がっちゃう!!

でもってsきも最高に高くB席です

でもいいの〜
贔屓組ゆえ、まだ先は長い!
予定は 観劇4回以上

紅君の約替わりはコンプリート(って、使う言葉?)するの♪
  • 2011.04.07 Thursday
  • 22:35

TAKU

震災関連記事・・・彼女は

そうしてまた、幕はあがる@ロミオとジュリエット 
                  23年3月20日



雪組東宝『ロミオとジュリエット』千秋楽に行ってきました。

 震災発生が11日。その翌々日の13日に、劇団が上演再開したことには、心から驚きました。

 わたしは公演中止を願ってはいなかった。
 ふつうに上演されていた公演が、突然中断され、そのまま「なかったこと」にされる。
 それが別れだと気付かないまま、あとになって「あれが最後だったんだ」と思う……それが、嫌だった。わたしは。
 公演だけでなく、すべての出来事に対して。
 「あのとき会った、あれが最後だった。……最後だってわかっていたら、もっとなにかしたのに」とか、あとから悔やむことへの恐怖。
 この世のほとんどのことが予測なんてつかないものだから、後悔の連続だけど、企業の行うエンターテインメントぐらい、「最初と最後」を区切ってくれてもいいじゃないか。
 自分が行けるかどうかではなく「*月*日が千秋楽」で、「ああ、この日が最後なのね、これで終わるのね」と区切って欲しかった。
 虚構を創る舞台というものが、外からの力でもぎ取られ、そのまま地に沈むこと、消えてしまうことが嫌だった。たかが虚構、現実になくてはならないものでないからこそ。人が人工的に創ったモノならばなおさら、人の力でコントロール出来て欲しい。

 「幕を下ろす」という行為をして欲しかったの。
 だからこのままなし崩しに「全公演中止」はつらい。
 まだ被害の全貌が見えていない時期に、わたしは漠然と「震災後しばらくは上演中止。電力不足と言われているから、電力消費の激しい平日も中止。千秋楽前の土曜日から再開し、千秋楽はふつうにやる」ぐらいの感じかな、と思い、そういったカタチを希望しておりました。ナニか根拠があるわけではなく、なんとなく。「幕を下ろす」、つまり千秋楽だけでもなんとかやって、きちんと観客に挨拶をする。そういうカタチを望んでいた。
 大好きな『ロミジュリ』だから、もっともっと上演して、もっともっと観たいけれど。断ち切られるのはもったいないと思うけれど。ラスト2日上演できたら幸いだな、と。

 でも、まさか翌々日に再開するとは。

 安全面や電力、交通手段など、問題がないのなら The show must go on.上演するべきだと思っている。不謹慎とか自粛とかいう、空気だけの問題なら、夢を織ることのナニが不謹慎なんだ、虚構は虚構として愉しむものだ、と。

 問題がないのなら、です。
 問題ありまくりなのに、強行上演ってどうなの。

 そして、演じているジェンヌさんたちはどうなの。どんな気持ちでいるの。

 テレビで繰り返される苛酷な現実と、大阪で変わらない日常を送る自分のギャップに意味もなくへこんで、観劇感想を書く意欲も失せ、ブログも放置していました。
 もちろん観劇意欲もなく、『ヴァレンチノ』が観たかったのに、観劇のお誘いはあったのに、腰を上げることが出来ずにいた。

 そして、発売日に届いた『14 COVERS TAKARAZUKA OTOKOUTA』を聴いて、マジ泣きしました。

 会いに行こう。
 まっつに、会いに行こう。
 タカラヅカに、会いに行こう。

 こんなに遠いところでぐるぐるしていちゃダメだ。
 真実は劇場にある。
 テレビでもネットでも噂でもない。

 ナマの彼らに出会い、ナマの空気を感じる。
 それに勝るモノはないんだ。

 『男歌』はすごいアルバムで、マジ泣きしたのは事実ですが、実は大爆笑もしました……ナニこれ面白い……なんてひどい作り(笑)、と。いずれ感想書きます。

 
 つーことで、最終日だけはなにがなんでも観るつもりでした。
 震災がなければもう1回別に遠征する予定だったんだけど、それは吹っ飛んじゃったので、ラスト1日が最後のチャンス。

 なんかいろいろテンパってて、遠征前日にひとりでべそべそやったりしてたこともあり、きっとわたし、雪組のみんなに、『ロミジュリ』に出会えたら大泣きするんだわ。と、思っていた。
 チャリティ公演として終演後の挨拶があるようになり、そこでキムくん泣いてるとか、フィナーレでまっつが泣いてたとか、話だけはあちこちから目に耳に入ってきているし。ジェンヌさんたちはぎりぎりのなか、真摯に舞台を務めている。妖精であるという使命を全うしている。
 余震の中変わらず舞台に立ち続け、拍手喝采でものすごい感動的な回もあったというし。きっと未曾有の感動が押し寄せ、大感動の舞台になるんだわー!!
 と。
 なんか勝手に想像して、盛り上がってました、わたし。

 そうやって構えて観劇した、11時半公演。
  • 2011.03.26 Saturday
  • 10:56

TAKU

震災関連記事・・・強いぞ!

強いぞ!   23年3月25日


東北地方太平洋沖地震にて被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
犠牲となられました皆様とご遺族の皆様に深くお悔やみ申し上げます。




私はそのとき関東にいました。
激しい揺れ、そして交通機関の麻痺による多少の困難はありました。
その後、日々あきらかになっていくこの震災の被害の大きさ、また私事ですが東北の友人知人たちの被災、関東でも続く余震の恐怖や停電のストレス。私に降りかかるそんなものは小さなことでしかないけれど……でも、いろいろなものに怯え、心が折れかけていました。

その中で私は、ほぼ当初の予定通りに『ヴァレンチノ』ドラマシティ公演の遠征を決行しました。震災前の初日と、震災後の中日、千秋楽にかけて。
この非常時になにを呑気な、と怒りを感じられるかたがたくさんいらっしゃるであろうことは承知しています。現実に被災されている皆様が、それどころではない苦しい状況であろうことも理解しているつもりです。当然、震災後の遠征を断念した友人も多数いました。自分自身も今行くべきときなのかと、そのことを自問自答しながらの重い遠征でもありました。

それでも、私の折れかけた心にはタカラヅカが必要だったのです。

私の、です。

非常時に、真っ先に切り捨てられてしかるべき娯楽、なんです。たかが「タカラヅカ」ですから。
この娯楽が被災者の皆様を直接的な意味で救えるとは、私も到底思いません。

『ヴァレンチノ』の東京公演は中止になりました。雪組東宝公演は一部中止になり、また花組東宝公演も日程短縮されています。
それが当然でしょう。


それでも、私の心を救ってくれたのはタカラヅカだった。
生徒さんたち自身も、「舞台に立つ意味」を自問自答しながらの、苦しい公演だったのではないかと思います。
舞台をやると決められた以上、彼女たちは心にどんな葛藤を抱えていようが、笑顔でそこに立つ。

その姿に、私の凍っていた心が融かされた。ガチガチだった感情が、震災以来はじめて真っすぐに解き放たれた。

たかが娯楽、たかがタカラヅカでしかないものが持つ力の大きさを、あらためて感じさせられました。
少なくとも、私の心は救われたのです。

あの場に行けた、今の状況で恵まれた人間が言う戯言でしかありませんが。
それでも。


タカラヅカに、宙組に、感謝しています。
  • 2011.03.26 Saturday
  • 10:53

TAKU

シュミートクラブ

引っ越し、と聞きますと、本当に転勤されるんですね

私の娘も、まもなく引っ越し日となっています
実習や、修学旅行とかで長く家を空ける事はあったんですが
本当にもう帰ってこないんだな〜と
ちょっとしんみりなります

お勧めいただいた黒沢映画ですが・・
むぎめっこ読んでいただくと分かりますが、
日常的に忙しくしている合間にタカラヅカを
入れてまして(その逆、とも言えますが)
まだ、見ていない状況です

娘がいなくなって、この3月の研修を終了し
いつもの毎日が戻れば
と、 このようなドタバタの終了記念として、見ようと思っています。

そして心社会人になるためにアドバイス、娘に伝えますね
ありがとうございます
長くお仕事がつとめれるキーは良い人間関係に恵まれること
私も長く仕事をしていて、つくづく思いました

そのためには自分も努力が必要だと、言うことをたまさか忘れてしまうんですけどね

滝川さんのおっしゃるとおり、前向きに取り組んでいって欲しいと思います



長くなりますが・・
スカイステージ残される、ということ
嬉しく思います
それと私は、もし滝川さんがこのシュミートクラブを
利用されない、とすれば退会しようかな、とも考えてます

まあ、はっきり言ってhiroさんは普通にお友達ですし、
他いませんしね・・
滝川さんを知り得たことは、幸いでしたが

しかし、身の回りがおちつくまで、とおっしゃっているので
待っていますので

これからのお仕事頑張ってください
  • 2011.03.20 Sunday
  • 06:51